大動脈瘤と大動脈解離について~正しく知ることで『突然死』を防ぐ~

講師:おおたかの森病院 心臓血管外科 部長 市原 哲也 医師

はじめに

動脈硬化症の増加、診断技術の進歩に伴い、大動脈瘤や大動脈解離といった大動脈疾患も増加しており、 その年間死亡者数は、脳卒中や心筋梗塞と大差なく、14,000人にも上ります。

大動脈瘤とは?

大動脈の一部が膨らんだ状態になり、そのまま放置すると徐々に瘤が大きくなります。正常な太さの2倍以上膨らめば破裂(=即死)する危険性大です。 「特徴」大動脈瘤があっても大多数の人は無症状で経過していきますが突然、胸痛・背部痛・腰痛・腹痛・意識消失といった症状が起こり、それが破裂したサインとなることもあります。 「原因」生活習慣病や血管年齢の上昇などの理由から動脈硬化が進行し、動脈の壁がもろくなることが理由と考えられています。
★動脈瘤が破裂してからでは手遅れなのです!





大動脈瘤破裂で緊急手術となった方の多くは、高血圧・高脂血症・糖尿病などと診断されていましたが、大動脈瘤の有無は、はっきりしていませんでした。 原因となる危険因子がある場合、CT検査を受けるなど、早期発見を心掛けましょう!

  1. 内科的治療
    ①血圧の管理
    ②CTによる定期検査

  2. 外科的治療
    ①人工血管置換術


    ②ステントグラフト治療
    カテーテルを用いる手術のため、開腹・開胸しないで済む、身体への負担が少ない治療なので、 開腹・開胸手術が不適切とされる方にも治療の門が開かれます。

急性大動脈解離とは?

大動脈の壁に亀裂が入り、急速に進展します。

『治療方針』
A型
→緊急手術
(A型急性大動脈の93%は24時間以内に死亡)

B型
→保存的加療



心臓血管外科へのご相談は、
■電話:04-7141-1117
「心臓血管外科の医師と話したい」と、お申し出ください。

■メール:otaka.cvs@gmail.com
ご自身ご家族の事、お気軽にご相談ください。