心不全は意外と身近な病気~その息切れや疲れやすさ、大丈夫ですか?~

講師:おおたかの森病院 総合診療部 部長 江田 一彦 医師

心不全の定義とは?

「心臓が悪いために、  → 原因
息切れやむくみが起こり、→ 症状
だんだん悪くなり、   → 予後
生命を縮める病気」   → 転帰

上記は、2017年に改定された『急性・慢性心不全診療ガイドライン』における心不全の定義です。 今回の改定は、急性心不全と慢性心不全をひとつの病気として捉え、心不全を発症しないようにすること、 そして発症後も継続した治療が必要であるという諸外国のガイドラインを追従した内容になっており、時代を反映したものだと考えられます。



原因

心臓は、血液を体内で循環させるポンプの役目 そのポンプ自体の機能が落ちる

  • ポンプの力が問題…心筋梗塞など
  • ポンプの構造が問題…心臓弁膜症など
  • ポンプのリズムが問題…不整脈など

ポンプにかかる負担が増える

  • 肺機能の低下により心臓に大きな負担がかかる
  • 貧血など、循環する血液が赤血球の足らない状態だと、酸素を運ぶ力が低いため、その分多くの血液を運ばなければならず心臓の負担が増える
  • 手足や臓器の末梢血管循環の悪化により、それらに血液を送り出す心臓に負担がかかる

症状

1.呼吸器症状

  • 動いた時の息切れ(労作時呼吸困難)
  • 横になると苦しくなる(起座(きざ)呼吸)
  • 夜間の突然の呼吸困難


ナツメ社「ハローキティの早引き呼吸器疾患ハンドブック」より引用

2.水分の貯留・分布異常

  • 浮腫、特に下肢(ひざ下)のむくみ
  • 水分が体内に貯留することによる体重の増加

これらを踏まえ、外来ではこんな質問をします。

  • 「動くと苦しくなりますか?」
  • 「横になって、ゆっくり眠れますか?」
  • 「体重は増えていませんか?」
  • 「足のむくみはありますか?」
  • 「そのむくみは、朝にはなくなりますか?」

~診断~
検査…胸部レントゲン写真、心電図、心エコー検査、血液検査(貧血などの有無等)
検査結果によっては、心臓カテーテル検査や核医学検査(心臓の筋肉の病気などの有無)をします。

~治療~
心臓自体や心不全の原因となっている病気の治療として、薬物治療や機器・機械を使った治療 (心臓再同期療法、補助循環装置、心臓移植など)が行われますが、必ずしも即入院というわけではありません。 医師や病院の見解によるところが大きいです。

~日常生活での注意点~

  • 塩分・水分の制限、禁煙・節酒を心掛ける
  • 適度な運動が必要
  • 肥満は避け、定期的に体重を測る習慣をつける

予後、復帰

大動脈の壁に亀裂が入り、急速に進展します。

上記のガイドラインによれば、心臓疾患がなくても高血圧や糖尿病などの危険因子があるだけで、心不全の『ステージA』に分類されます。 それだけ心不全は身近な病気なのです。身体機能の低下を年齢相応に緩やかにするには、心不全を発症しないことが大切です。 日頃から適度な運動を習慣化し、身体機能の維持を心掛けましょう。