当院について

キービジュアル
当院について
当院について

おおたかの森病院は2005年の開院以来、柏市、流山市を中心とする東葛北部地域において、地域医療を支える中核病院として発展を続けています。2008年にアネックス西棟を、2020年にはアネックス東棟を増設し、現在は一般病棟、ICU、地域包括ケア病床を備え、全館であわせて282床となりました。外科、整形外科、心臓血管外科、循環器内科、肝臓・消化器内科など、19の診療科を擁して医療に臨んでいます。

当院の特長は二次指定の救急病院として、緊急の治療を要する救急患者様に24時間365日対応できる体制をと整えていることです。消化管出血、心筋梗塞、大動脈解離といった症状に対し、緊急手術、緊急カテーテル、緊急内視鏡治療など、一刻を争う治療を行えるスタッフと施設を備え、救急医療とそれにつながる高度急性期医療を実施しています。

地域の皆様からいただく厚い信頼に応えるため、私たちはこれからも途絶えることのない良質な医療を推し進めて参ります。

私たちの特長

質の高い医療を患者さんとご家族へ。
医療を通じて、地域で喜ばれる病院へ

    • 救急医療

      Feature

      救急医療

      24時間360日体制で皆様の命を守る医療を実践

    • 高度急性期医療

      Feature

      高度急性期医療

      心筋梗塞、大動脈瘤、消化管出血など一刻を争う治療に対応

    • チーム医療

      Feature

      チーム医療

      各分野のスペシャリストが協働して医療に臨む

    • 地域医療ネットワーク

      Feature

      地域包括ケアシステム

      より良い在宅医療養を実現する病院の取り組み

関連施設