皮フ科

当院は一般皮フ科の診療を行っております。 かぶれや蕁麻疹(じんましん)、アトピー性皮膚炎、にきび、いぼ、やけど、水虫、 帯状疱疹など皮膚全般のトラブルに対応しています。

フットケア外来開設のお知らせ ~足にお悩みは、ありませんか?~

この度、10月2日からフットケア外来を開設することになりました。フットケアとはその名の通り、足をケアすることです。 巻き爪や水虫、たこ、うおのめ、傷など様々な症状に対応いたしますが、なかでも糖尿病や末梢血流障害、透析患者様の足病変を早期発見、 早期治療し、重症化を防ぐことを主たる目的としています。 このような患者様は、靴擦れなど小さな傷から壊疽、足の切断に至る場合もあります。 足を切断すると寝たきりになる方も多く、心血管疾患や脳血管疾患を生じやすくなり、5年で約6割の方が死亡するという報告もあります。


巻き爪(陥入爪)


足白癬


たこ(胼胝)による
糖尿尿病性皮膚潰瘍


重症虚血肢


靴擦れによる
糖尿尿病性足壊疽

我が国では足病変に特化した診療科はなく、他科との連携、地域連携は足病変治療において必須であり、単体診療科での治療完結はあり得ません。



そこで当院では皮膚科が窓口となり、初診時に問診、視診、スクリーニング検査をおこない、病態に応じて循環器内科、糖尿病内科、整形外科と連携して治療を行います。 さらに場合によっては、リハビリテーション科、栄養課と相談し、チームで治療にあたります。検査で異常がなかった方にも、予防ケアとして、 日常生活上の注意点(爪の切り方や靴選びなど)、スキンケアをご提案いたします。足病変の早期発見のため、透析室や看護部とも連携し、 該当患者様には積極的にお声がけさせていただきます。 上記疾患でない方も足にお悩みがあれば受診可能ですので、皮膚科外来を受診し「フットケア外来希望」と、ご相談ください。

おおたかの森病院 皮膚科 結束 怜子(日本皮膚科学会認定専門医)

【対象となる疾患】

糖尿病、腎臓病(透析患者)、末梢血流障害をお持ちで、以下の症状がある方
・タコ、ウオノメ
・爪の変形、変色や巻き爪など
・傷

受診を希望される方は、まず皮膚科を受診し、医師に「フットケア外来受診希望」とご相談ください。

【皮膚科 外来日】
■火・水・木曜日の午前
■火・木曜日の午後


△上へ戻る

スタッフ紹介

結束 怜子(Kessoku Reiko)

~プロフィール~

学歴: 獨協医科大学 H20年卒
資格: 日本皮膚科学会専門医、緩和ケア研修修了

~略歴~
獨協医科大学越谷病院、土浦協同病院、筑波大学附属病院


△上へ戻る